2006年03月03日

19から20へ

久しぶりに大阪のおっちゃんに会った。
親父さんの友達。

旧日本料亭にて会食。
メンバーは同じ団塊の世代の会長、研究員、そして遅れて来た研究員の卵。

2006.3.2.01.jpg

おっちゃん、しゃべるしゃべる。
しゃべくりまくる。
めっちゃ真剣やし、むっちゃ楽しいそう。
何かに怒ってる。社会に、他人に、自分に。
「何かおかしいで」

何か感じる。
団塊の世代特有のもんなんか?
わからん。
わからんけど、ビンビン感じる。
何か突き動かされるもんを。

手とアタマをたくさん使ってきたんやなぁと思った。

おっちゃん、帰りの車でポツリ。
「中学校の一学年が800人。一クラス50人。少々のことしても目立てへん。
 みんな必死や。学校一なんか、2000分の1やもんな。府で一番言うたら、大変やで」

ますます少子化の今、動く意味を感じた。


帰り際に、ポロロン。
「また来るわ。」

blog.2006.2.19.01.jpg

しばらく、おっちゃんの浪花節が耳から離れそうにない。
posted by buitre at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 2005−2006年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまらんなそういう勢いある人
何だか周りを見てみると少ない少ない

ちょいと発言すればよく話せる奴などと
ちょいと文句を言えば生意気な奴と
何を言ってますか生きてるんでしょ?

ビンビンおったてて生きてきましょうよ
ねえ兄貴
Posted by eitak at 2006年03月03日 04:24
島津さん、会社設立おめでとうございます。名古屋のサビチェビッチから聞きました。今度関東に行く機会に、おじゃましてもいいっすか?
Posted by 名古屋弁丸出し男 at 2006年03月04日 02:34
>eitak
名刺作成お疲れさま。またひとつ形になったように思います。目の前にするまでもう少し待つとします。
今回の仕事を始める前、「今のふたりができることを楽しむ」というのがありましたね。
ひとつひとつ形になるごとに、10年後この仕事を振り返れるという楽しみがひとつひとつ増えていっているような気がします。
次はいよいよHPですね。
それでは、楽しい旅路を。また新しい感覚を見つけてきてくださいな。

>名古屋弁丸出し男
名前が長い!!、けどありがとう!!
サビチェビッチってB-ヘッヅのことかな?
B-ヘッヅも会社ができて、がんばってるみたいやね。
久しぶりに会いたいです。
ということで、丸男と呼ばせていただきます。
丸男くんになるか、
丸ちゃんになるかは会って決めましょう。
お会い出来る日を楽しみにしています。

Posted by hagetaka at 2006年03月07日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。