2008年09月28日

山羊おじさん、ヤギを撮る

「自分たちが作業するところを撮ってください」
そう言って、デジカメを渡した。

帰ってパソコンで開いたら、こんな写真が入ってた。

送信者 flecha.com


送信者 flecha.com


送信者 flecha.com


送信者 flecha.com

カメラで撮られているのがわかっているのだろうか。
子どもがお決まりのポーズをとっているようだ。
ヤギおじさんならではのカットなんだと思う。


送信者 flecha.com

これなんか、微笑んでるようにしか見えない。



送信者 flecha.com

この口。
発情してるときに見せる形。
言葉にできないえぐみ。
わかりやすくて好きだ。



送信者 flecha.com


ヤギもちゃんと固体認識をしてる。
一番安心できる相手には、こんないい顔を見せるのだから。

自分はまだよく気がつかないでいる。
きっとイチゴにもいろんな表情があるのだろう。

いつか自分の写真を見てそう感じるのだと思う。

ヒトといきものの関係づくり。
posted by buitre at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。