2008年09月08日

特別な新米

送信者 flecha.com


ここは稲刈り後の籾を乾燥させて、
玄米にする場所。

8月末にたくさん雨が降ったので、
なかなか田んぼに入れず、今年は少し遅れた。

今日は今年初めての籾摺り作業。
機械の操作と調子を確かめるようにゆっくり。

そしていつもの儀式みたいなことが始まる。

最初の袋に摺り上がった玄米が入ると、
「これはうちの」
と言って、奥に置く。
次の袋が終わると、
「これは持っていけ」
と言って、新米をわけてくれる。

その儀式に自分も含まれていることがたまらなくうれしい。
たまらなく。
家族の次に大切にしてもらっている気がして。


そうこうしているうちに、奥さんも来た。
自分は親しみを込めてお二人のことを
「おとうさん」「おかあさん」
と呼んでいる。

稲刈りもイチゴの定植も始まり、
ご夫婦の会話も弾む。
本当に楽しそうで、いつもうれしい。

しばらく夜の籾摺り作業が続く。
posted by buitre at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。